主催:一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会
後援:経済産業省
共催:リード エグジビション ジャパン
特別協力:香港貿易発展局  Asian Licensing Association
協力:キャラクター・データバンク

開催概要

▼日本キャラクター大賞
主催:一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会
後援:経済産業省
共催:リード エグジビション ジャパン株式会社
特別協力:香港貿易発展局、Asian Licensing Association
協力:株式会社キャラクター・データバンク

▼各賞について
■ 日本キャラクター大賞
ライセンスビジネスとして最も活躍した(ビジネスとしての成功、社会的な盛り上がり等)キャラクタープロパティが対象となります。商品化の展開や広告販促など、各種展開を総合したうえで選定されます。

・グランプリ:最も活躍した最優秀キャラクター・プロパティ
・キャラクター・ライセンス賞:最も活躍した優秀キャラクター・プロパティ
・ニューフェイス賞:当該年度にライセンス商品が発売され活躍した最優秀プロパティ

■ 部門賞
★ プロダクト・ライセンシー賞 : 商品化にて最も活躍した最優秀ライセンシー
ライセンシーと呼ばれる、いわゆるメーカーとその商品が対象です。キャラクターやブランドを使った商品のなかでも、アイデアに優れているもの、商品性とキャラクター性とが巧みに融合したものなどが選ばれています。

★ プロモーション・ライセンシー賞 : キャラクターを起用した広告・販促で、最も効果を上げたと思われるライセンシー
キャラクターを起用した広告・販促展開(キャンペーン・プロモーション等)で、効果を上げたもの、人気・話題を集めたもの、言い換えれば、そのキャラクターの起用が見事に“ハマった”展開を対象としています。

★ リテイル賞 : キャラクターを活用した展開で、大きな成果があったと思われるリテイル
主にキャラクターやブランドの商品を扱う小売業者が対象です。これまでにはキデイランドやユニクロ、東京キャラクターストリートなどが受賞しています。キャラクター(ブランド)商品の売り場として、話題になったものが選定されています。

★ 選定委員特別賞 : 選定委員の方々の視点による特別賞

※ この賞の対象期間は、いずれも2019年(2019年1月〜2019年12月)です。

▼審査方法と選定基準
ノミネート終了後、関連メディアによる書面審査として第1次選考を行い、各賞の最終ノミネートプロパティが決定されます。その後、第2次選考として審査員による審査会が行われ、各賞の受賞プロパティを決定いたします。

▼選定の流れ
・1月15日: ノミネート開始
         ↓
・2月5日 : ノミネート終了
         ↓
・2月中旬: 第1次選考(関連メディアによる書面審査)
         ↓
・3月上旬: 第2次選考(審査員による審査会)
         ↓
・4月中旬: 受賞者発表(予定)

▼関連メディアによる審査
『アニメ!アニメ!』/株式会社イード
『アニメビジエンス』/株式会社ジェンコ
『キャラぱふぇ』/株式会社KADOKAWA
『月刊文具』/月刊文具新聞社
『週刊玩具通信』/日本トイズサービス株式会社
『繊研新聞』/繊研新聞社
『ね〜ね〜』/株式会社主婦と生活社
『ファンシーショップ』/東京ピーアール企画株式会社
『CharaBiz.com』/株式会社キャラクター・データバンク
(50音順)

▼選定委員による審査(50音順)
委員  品田 英雄(日経BP 日経BP総研 上席研究員)
委員  数土 直志(ジャーナリスト)
委員  野澤 智行(デジタルハリウッド大学大学院客員教授)
委員  間宵 薫(キデイランド 代表取締役)
委員  陸川 和男(キャラクター・データバンク 代表取締役社長)