Charabiz.com
記事詳細
トムス、“UNLIMITED PRODUCE プロジェクト”始動
他社スタジオとも協業したアニメ作品をプロデュース
トムス・エンタテインメントは、アニメーション作品のプロデュース事業をさらに強化することを目的とし、他社スタジオとも協業したアニメ作品をプロデュースする“UNLIMITED PRODUCE プロジェクト”を始動した。
 
■“UNLIMITED PRODUCE プロジェクト”とは
トムスはグローバルに拡大する日本アニメのニーズに応え、ジャンル的にも表現的にも、これまで以上に多岐にわたる作品を世界に向けて提供できる体制を整えるため、内製制作ラインの稼働と並行して、外部スタジオとの協業を軸とした、新規作品の企画・製作・事業・宣伝を自社で行う「自社プロデュース作品」への取り組みを強化していく。
 
自らが老舗「制作会社」でありながら外部スタジオとの協業を積極的に進める背景として、日本アニメ産業においては、ビジネスが成功した場合でも、制作会社や制作に関わったスタッフにまで利益が還元されにくい産業構造がある。これを少しでも改善できるよう、制作会社の立場をよく理解している自らが作品をプロデュースし、従来にないビジネススキームを構築することで、新しい利益配分の仕組み作りに挑戦したいという想いがある。
 
アニメ業界での豊富な経験とネットワークを活かし、作品の企画内容と制作スタジオとのマッチングによって、良質な作品を世界に向けて送り出し、収益の拡大を図り、その収益を作り手にも還元するという、日本アニメ産業全体の構造改革に寄与できるような取り組みを目指していく考えだ。
 
このように、トムスという会社が「従来の枠にとらわれずチャレンジする」という意味合いを“UNLIMITED”というプロジェクト名に込めた。
 
本プロジェクトの第1弾として「バイオハザード:インフィニット ダークネス」が7月8日にNetflixで全世界独占配信を開始。当該作品は、Quebicoとトムスとの共同制作作品だ。また、“UNLIMITED PRODUCE プロジェクト”としてすでに複数の作品が企画進行中であり、今後も随時有力作品の発表を行っていく。
 
 
■「バイオハザード:インフィニット ダークネス」作品概要
カプコンの家庭用ゲームソフトとして全世界でシリーズ累計販売本数1億1,000万本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔「バイオハザード」が今回、シリーズ初の連続CGドラマとして制作された。17年公開のCG映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」から4年、さらなる進化を遂げた未だかつてないフル3DCGアニメーションの映像作品が動き出す。
 
©CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
©CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
(2021/07/19)  
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >

関連記事

CharaBiz会員専用サイトへ
キャラクタービジネスを協力サポート!CharaBiz Membershipサービスはこちら

▶ 新規会員登録はこちら

CharaBiz ASIA
アジア地域のキャラクター事情を完全網羅!CharaBiz ASIAはこちら

CharaBiz ASIA

▶ Click here for English version of CharaBiz.Asia

Members Info CDB Info メールマガジン登録
キャラビズ業界の最新情報をメールマガジン「CharaBiz Mail」で毎週水曜にお届けします!(登録無料)

メールマガジン登録

▶ アドレス変更・登録解除はこちら

exBrand_MS版
exBrand_icon

ライセンスマッチングサービスは
こちら

exBrand_MS版

広告

キャラクター&ブランド・オブ・ザ・イヤー

CharaBiz DATA 2021

KIDS TREND RESEARCH FORUM

ライセンシング ジャパン 2022

LIMA JAPAN

アニメビジネス・パートナーズフォーラム

CHARACTER AID

採用活動

てをつなごう だいさくせん

CharaBiz Membership