News
会員
サービス
とは?

「映画ドラえもん」新アトラクション、リトルプラネットに登場
 

「音楽」と「デジタル」が融合した未来のアソビを体験

遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」の全国12か所(予定)のパークで、3月1日から5月6日まで、「映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)」をイメージしたデジタルアトラクションが登場する。
 
©Fujiko-Pro, Shogakukan, TV-Asahi, Shin-ei, and ADK 2024
©Fujiko-Pro, Shogakukan, TV-Asahi, Shin-ei, and ADK 2024
「ドラえもん」の映画シリーズ43作目となる「映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)」のテーマは「音楽」。ドラえもんたちが奏でる交響楽(シンフォニー)で「音楽」が消えてしまった地球を救う大冒険を繰り広げるというストーリーだ。
 
今回、3月1日から「リトルプラネット」に、本作をイメージした期間限定のアトラクション「『映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)』ドロー シンフォニー」登場する。映画にも登場するさまざまな「楽器」を自分の手で自由にデザインしたり、みんなで「合奏」したりして楽しめる、“描いて、触れて、奏でる”新感覚の音楽体験アトラクションとなっている。
 
【実施概要】
名称:「映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)」ドロー シンフォニー
実施期間:3月1日(金)~5月6日(月・祝)
体験料:無料
※別途リトルプラネットの入場料が必要。入場料は各パークの公式サイト参照。
<楽しみ方>
各パークに用意された本アトラクション専用の「楽器ぬりえ(チューバ、リコーダー、ヴァイオリン、ボンゴ、ピアノの計5種)」の色を自由にデザインしてスキャナーで読み取ると、色とりどりの楽器の絵が立体的になって大型スクリーンに登場。現れた楽器にタッチすると、それぞれの音色を聞くことができる。初めて知る楽器でも“世界に一台”の楽器を創り出し、音を奏でて楽しめる。
※このほかにも、みんなで協力してメロディーを繋げていく「合奏」をテーマにしたステージも登場予定。
※内容の詳細は2月下旬に発表予定の続報で告知。
 
 <実施パーク>
東京:リトルプラネット ダイバーシティ東京 プラザ
神奈川:「TOYLO PARK powered by リトルプラネット」イトーヨーカドーららぽーと横浜、グランツリー武蔵小杉、イトーヨーカドー大和鶴間店
埼玉:リトルプラネット イオンモール川口
千葉:リトルプラネット キテミテマツド
静岡:リトルプラネット ららぽーと沼津
愛知:リトルプラネット mozoワンダーシティ
大阪:リトルプラネット ららぽーと和泉
広島:リトルプラネット LECT広島
福岡:リトルプラネット ゆめタウン飯塚
鹿児島:リトルプラネット イオンモール鹿児島
※対象パークは変更となる場合あり。
※画像は開発中のものであり、実際とは異なる場合あり。
 
【映画概要】
タイトル:「映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)」
公開日:3月1日(金)
 
原作:藤子・F・不二雄
監督:今井一暁 脚本:内海照子 音楽:服部隆之
キャスト:ドラえもん(水田わさび)/のび太(大原めぐみ)/しずか(かかずゆみ)/ジャイアン(木村昴)/スネ夫(関智一)
ミッカ(平野莉亜菜)/チャペック(菊池こころ)/タキレン(チョー)/モーツェル(田村睦心)/演歌のおじいちゃん(賀屋壮也〔かが屋〕)/漫才師・バンドメンバー(加賀 翔〔かが屋〕 賀屋壮也〔かが屋〕)/ミーナ(芳根京子)/ワークナー(石丸幹二)/ヴェントー(吉川晃司)
主題歌:Vaundy「タイムパラドックス」(SDR)
 
・「次世代型テーマパークリトルプラネット」:https://litpla.com
・「リトルプラネット」パーク一覧:https://bit.ly/3OnEVhY
・「映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)」公式サイト:
https://doraeiga.com/2024/
・「リトプラ」公式サイト:https://corp.litpla.com/
 
2024/02/07  
;
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >

関連記事