Charabiz.com
記事詳細
東映アニメ「PEROs」が「佐世保×サイバーパンク」の実験映像製作
地元のテレビ佐世保とYouTubeで公開
東映アニメーションは2月12日、東映アニメの新規IP研究開発チームである「PEROs」が、長崎県佐世保市を舞台にした約5分間の実験映像「URVAN」(ウルヴァン)を、長崎国際大学の協力のもとに製作し、地元のテレビ佐世保、YouTubeで公開したことを発表した。また、企画・監督の梅澤淳稔氏、音楽の高梨康治氏、製作に協力した長崎国際大学の尾場均研究室からコメントが到着。長崎県公式観光ポータルサイト「ながさき旅ネット」では、同作品の舞台を紹介する特集ページが公開された。
 
東映アニメの映像制作拠点である大泉スタジオで新技術・オリジナルIPの研究開発を取り組む「PEROs」。そこで開発された約5分間の実験映像(パイロットフィルム)「URVAN」(ウルヴァン)は、佐世保の地域プロモーションに取り組む、長崎国際大学 人間社会学部 国際観光学科 尾場均研究室(尾場ゼミ)の協力のもとで生まれた。
 
企画・監督は1981年に東映動画(現・東映アニメーション)入社、40年の経験を持つ、梅澤淳稔氏。音楽は「プリキュア」シリーズ(「フレッシュプリキュア!」~「スマイルプリキュア!」)、「ゾンビランドサガ」、などなど数々の作品を手掛ける高梨康治氏(Team-MAX)が担当している。
 
同作品では、梅澤氏の総指揮のもと、東映アニメの伝統の継承とさらなる革新、若手スタッフの育成と挑戦を目的とする「PEROs」の一環として、多くの若手クリエーターを起用。演出は都築悠一氏、キャラクターデザイン/作画監督は鈴木沙知氏、美術監督は葛西茉耶氏、色彩設計は中島苗実氏が担当。動画で経験を積んできた新人アニメーターも同作品で原画デビューを果たした。
 
コロナ禍でまだまだかつてのように心置きなく旅行や帰省が難しい状況だが、佐世保にゆかりのある人々、そして、佐世保をはじめて知る世界の人々に、おうち時間の中で、神秘的で、どこかなつかしい、サイバーパンクに彩られた佐世保の風景を楽しんでもらいたいと考えている。
 
なお、当初は1月下旬の映像公開と伝えていたが 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言発出に伴う制作スケジュール変更でやむなく2月の公開となった。「映像公開を楽しみにしていただいた皆様に、この場を借りて心よりお詫び申し上げます。」とのコメントも発表。
  

「URVAN」とは、「お盆」すなわち「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の語源といわれる、紀元前7世紀頃の古代アヴェスター語「ウルヴァン(霊魂)」を指す。
本作品「URVAN」は、長崎県佐世保市を舞台に、霊を迎え入れ、そして送り出すお盆をモチーフに、「非日常」と「日常」が交錯する、神秘的でどこかなつかしい、サイバーパンクアクションだ。
 
長崎国際大学尾場ゼミの学生によって撮影された写真をもとに、アニメーションとして表現された佐世保の実在の風景が、サイバーパンクの世界へと変化し、その不思議な街を謎の男女2人が駆け抜ける。
さらに、全編を通じて、佐世保を代表する特産品の数々も映像を彩り、「尖った」「映える」形で地元の方でも新鮮に楽しめるよう表現した。
 

■放送・公開
配信:東映アニメーション公式YouTubeチャンネル 2月12日(金)16:30解禁
放送:テレビ佐世保 2月12日(金)16:54~から初回放送。以降、不定期放送
 
■さまざまな取組みに挑戦した本プロジェクトのスタッフ陣
企画・監督の梅澤 淳稔、音楽・高梨康治、協力・長崎国際大学 尾場均研究室からコメントが到着
 
企画・監督:梅澤淳稔氏
▼コメント
新しい映像表現を試しつつ、新人も育成しながら新しいIPの種を創りたい。
 
そんな想いが長崎国際大学に届き、佐世保の地方創生という枠組みでご協力していただけることになり、
「URVAN」を製作することが出来ました。
コロナ禍でロケハンに伺うことが出来なかったため、学生の皆さんに「自分が見せたい佐世保」というテーマで
何百枚もの写真を撮っていただき、その写真と地図とを見比べながら物語を構成して絵コンテを作成。
その写真をCG処理してアニメ画風とサイバーパンク風の2種類の背景を制作、新人アニメーターが初原画にトライ、1カットごとの色指定と撮影処理、当社初の試みであるリモートでの編集作業。
こうして出来た映像に旧知の作曲家高梨康治氏に映像に合わせて思うがままに音楽を付けてもらいました。
どんな映像が出来たのか確かめていただければ幸いです。
 
音楽:高梨康治氏
▼コメント
最初梅澤さんからご連絡を頂いた時、
「また梅澤さんと作品が作れる」という事が嬉しくて仕方ありませんでした。
そして初めての打ち合わせで映像を拝見した時、その綺麗でミステリアスな世界に引き込まれました。
梅澤さんから基本的なイメージと方向性を伺ったあと「内容はお任せで」とのお言葉!
お任せって、作家としては最高に光栄な事なんです!
そして映像を見ているとイメージがどんどん広がっていって頭の中で音が鳴りました。
一気に書き上げてデモをお送りすると梅澤さんから「すげぇ」と言うお返事!
スタジオに入ってキャラの動きに合わせて梅澤さんと相談しながら細かい調整をして行きました。
そして仕上がりは!もちろん素晴らしい映像にイメージ通りの音楽をつける事ができました。
製作者達の感性が高い次元で融合した作品だと思っています。
沢山の方々に見て頂きたいです!
 
協力:長崎国際大学 人間社会学部 国際観光学科 尾場均准教授氏
▼コメント
当研究室では、佐世保の地域活性化をテーマに社会人基礎力を身につけるためのアクティブラーニング(※5)を実践しています。本作品「URVAN」への協力は、オンライン会議やロケーション撮影に参加することで学生自身が自ら考え、自ら行動する能動的な学びを実践する場となりました。学生が撮影した佐世保の素晴らしい風景が、映像の細部に表現されています。この作品を通して、佐世保の魅力を多くの皆さんに届けられたらと思っています。

協力:長崎国際大学人間社会学部 国際観光学科 尾場均研究室 学生代表 下川真凜氏
▼コメント
私たちは、本プロジェクトに携わることで、地元である佐世保の魅力とは何なのか?を改めて考えました。
「URVAN」では、私たち学生が「ここぞ」という佐世保の魅力溢れる場所を選び、映像に詰め込んでいただきました。
アニメ、そして、サイバーパンクという表現を通して、佐世保に住む人も地元の新たな一面に気づかされるであろう作品です。是非、ご覧いただきたいと思います。
 
本作品をTwitter、Instagramで宣伝・告知したキャラクター「碧波みなと」(あおばみなと)は、佐世保市観光大使(非公認)として学内ベンチャー企業のジャックラビットと尾場均研究室が協力してプロデュースしています。
今後も佐世保の情報発信を行っていきますので『URVAN』ともども応援のほどよろしくお願いいたします。
 

■アニメ「URVAN」概要
○本プロジェクトでの取り組み
「新たなIP開発」と「地域ブランド強化」を同時に実現すべく、以下の3点に取り組んでいく。
 
(1)新しい映像表現、制作方法によるIP開発
①東映アニメは佐世保に一度も行くことなく、リモートでロケハン
佐世保の風景のロケハンについては、尾場ゼミと緊密に連携しながら、東映アニメはすべてリモートで対応した。尾場ゼミの学生が撮影した佐世保の魅力あふれる風景写真をもとに、東映アニメがアニメの背景素材を作成した。
 
②最新コミュニケーションツール(「Zoom」「Box」「Slack」)の活用
ユニファイド・ビデオコミュニケーションプラットフォーム「Zoom」によるWeb会議、クラウド・コンテンツ・マネジメントプラットフォーム「Box」によるファイル共有・コラボレーション、メッセージプラットフォーム「Slack」によるタイムリーなコミュニケーションなどをフルに活用し、お互いが離れている状況でもスムーズな意思疎通、データ共有を実現した。
 

③「地域資源」(風景・特産品・文化等)とクリエイティブアイデアの融合
地域が有する豊富な「地域資源」(景観・特産品・文化等)に、「サイバーパンク」「アクション」という要素を掛け合わせた新たなIP作り、「絵作り」に挑戦した。
 
 (2)地域の新たな魅力を創造
①地元の人だけが知る、隠れた「地域資源」の発掘
知名度のある観光スポットだけでなく、地元の人だからこそ知っている風景・特産品・文化等を尾場ゼミの学生がピックアップし、作品に取り込んだ。
 
登場する佐世保の風景・特産品
・風景
長崎国際大学、針尾無線塔、早岐瀬戸(はいきのせと)、佐世保市東部クリーンセンター、
佐世保駅(JR九州)、アルカスSASEBO、させぼ四ヶ町商店街、眼鏡岩(めがねいわ)、
九十九島パールシーリゾート(九十九島水族館海きらら、九十九島海賊遊覧船みらい)、
神崎鼻(こうざきばな、日本本土最西端の地)
・特産品
佐世保独楽(こま)、佐世保豆乳、佐世保バーガー、サンドイッチ、九十九島せんぺい
 
②アニメ表現の「異化作用」(※)による「尖った」「映える」映像
風景・特産品・文化等をサイバーパンク風に表現することで、地元の人にとっても新鮮な「尖った」「映える」映像を生み出した。
※異化作用:慣れ親しんだ日常的な事物を奇異で非日常的なものとして表現すること
 
③尾場ゼミがプロデュースするキャラクター「碧波みなと」との連携
作品のプロモーションにあたっては、尾場ゼミがプロデュースするキャラクターで、「佐世保市観光大使(非公認)」としてSNS(Twitter、Instagram)で活動中の「碧波みなと」(あおばみなと)」と連携する。
 

(3)新たな才能の発掘・育成
キャラクターデザイン、作画、美術、色彩設計、製作進行などメインスタッフには、若手スタッフを多数起用。
ベテランスタッフが支援しつつ、若手スタッフの自由な発想による映像作りを実現する。
また、通常の作品以上に、製作工程間での相互作用を促進し、「多能工型人材」の育成を図っている。
 
○今後の展開
本作品は、現時点ではあくまで「実験映像」であり、今後の展開については未定だが、地域の人々に愛され、地域を盛り上げつつ、新たなオリジナルIPとして成長できるよう鋭意努力していく。
 
 
・ながさき旅ネット アニメ「URVAN」特集ページ:https://www.nagasaki-tabinet.com/houjin/report/urvan
・長崎国際大学公式サイト:https://www1.niu.ac.jp/
・「碧波みなと」Twitterアカウント:@MINATOatSASEBO
・「碧波みなと」Instagramアカウント:minatoatsasebo
 
(2021/02/22)  
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >

関連記事

CharaBiz会員専用サイトへ
キャラクタービジネスを協力サポート!CharaBiz Membershipサービスはこちら

▶ 新規会員登録はこちら

CharaBiz ASIA
アジア地域のキャラクター事情を完全網羅!CharaBiz ASIAはこちら

CharaBiz ASIA

▶ Click here for English version of CharaBiz.Asia

Members Info CDB Info メールマガジン登録
キャラビズ業界の最新情報をメールマガジン「CharaBiz Mail」で毎週水曜にお届けします!(登録無料)

メールマガジン登録

▶ アドレス変更・登録解除はこちら

exBrand_MS版
exBrand_icon

ライセンスマッチングサービスは
こちら

exBrand_MS版

広告

キャラクター&ブランド・オブ・ザ・イヤー

CharaBiz DATA 2020

KIDS TREND RESEARCH FORUM

キャラクター&ブランドライセンス展

ライセンシング エキスポ ジャパン 2019

LIMA JAPAN

アニメビジネス・パートナーズフォーラム

CHARACTER AID

採用活動

てをつなごう だいさくせん

Creator's portfolio & Contents Licensing biz News

CharaBiz Membership