News
会員
サービス
とは?

Mantra、集英社・小学館・KADOKAWA等から資金調達実施

マンガ、ゲーム等エンタメコンテンツ翻訳超省力化に向け、研究開発を加速

マンガに特化したAI翻訳技術の研究開発を行うMantraは、集英社、小学館、KADOKAWA、スクウェア・エニックス・ホールディングス、MPower Partners Fund L.P.、鉄緑会創業者 浜垣 剛氏を引受先とする第三者割当増資により、総額約7.8億円の資金調達を実施した。
 
Mantra Engineは同社が提供する、マンガ/縦スクロールコミックに特化したクラウド翻訳ツールだ。ブラウザ上でマンガ翻訳にかかわる全ての作業を完結させ、AI技術を活用して翻訳を効率化することで、従来の翻訳ワークフローを半分以下に圧縮している。現在、国内外の出版社や翻訳会社、配信事業者に利用され、月間のべ10万ページ(単行本換算で約500冊分)のマンガ/コミックの翻訳に活用されている。

<『Mantra Engine』を用いて作業効率化した多言語同時配信の実績>
・小学館『ケンガンオメガ』『ケンガンアシュラ』など(英語)
・集英社『ONE PIECE』『SPY×FAMILY』(ベトナム語)、『バイバイバイ』『馬刺しが食べたい』(英語)
・ブシロードワークス『魔法使いの嫁』『ゴーストアンドウィッチ』(英語)
 
絵とテキストの不規則な配置、独特な話し言葉、ストーリーの背景にある複雑な文脈など、マンガには翻訳を難しくする要素が多く含まれる。同社はマンガに特化した画像認識と機械翻訳を統合することで、高精度なマンガ機械翻訳を実現。この成果は人工知能分野のトップ国際会議AAAIにフルペーパーとして採択され、アジア太平洋機械翻訳協会からAAMT長尾賞を授与されるなど、学術的にも高く評価されている。
 同社のマンガ画像認識技術と大規模言語モデル(LLM)を組み合わせることで、画像から抽出したキャラクターやストーリーの情報を考慮した、文脈理解に基づく正確な翻訳ができる。
 また、文ごとに独立して翻訳を行う従来の機械翻訳よりも長い文脈を考慮することで、作品を通して、翻訳のスタイルやキャラの口調などの一貫性を保つことができる。
 
現在Mantra Engineでは日本語、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、ベトナム語、ポルトガル語の利用実績があり、対応言語数は増え続けている。
 
今回の資金調達では、前回ラウンドに引き続き集英社が追加出資。また新たに、小学館、KADOKAWA、スクウェア・エニックス・ホールディングスといったマンガ・ゲーム領域のリーディングカンパニーや、東大受験指導専門塾「鉄緑会」創業者の浜垣社長が支援。さらに、今後の同社のグローバル展開を見据え、日本初のESG重視型グローバルVCであるMPower Partnersも出資する。
 
同社はこの資金を活用し、向こう5年を目処に「エンドユーザーが楽しんで読める」水準を目指し、マンガAI翻訳の精度向上に取り組んでいく。並行して小説、ゲーム、動画等への翻訳技術転用を本格化させ、あらゆるエンタメ翻訳の省力化に向け研究開発を進めていく。
 
・「Mantra」公式サイト:https://mantra.co.jp/

 
2024/07/02  
;
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >

関連記事